本文へスキップ

トーナリティは、出雲にあるクリスタルボウル・波紋音等の演奏を行う個人サロンです。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7504-8443

〒693-0082 島根県出雲市中野美保南2丁目2-1

その他の楽器

波紋音(はもん)

鉄の楽器「波紋音(はもん)」。旅行で訪れたお寺で、初めて耳にした*水琴窟(すいきんくつ)の音に魅入られた斉藤鉄平氏が、その音のイメージを元に創作された楽器です。金属的な響きながらどこか朴訥な余韻が、妙に心を落ちつかしてくれます。

波紋音(はもん)「波紋音(はもん)」は2つと同じものはなく、スリットの入れ方と全体の形状によって、すべてが違う音を持ちます。便宜上、楕円型・小・中・大という呼び名を使って注文するのですが、楕円型といっても1つ1つ音が違うということです。

音階があるのでもなく、ただ奏者の感性にゆだねられていて、叩く部位によって音の高さや響きが変わり、不思議な金属音が、重なり共鳴しあい、聴くものをやさしく包んでくれます。運びやすいので、よく持って出かけますが、この音を聴いた方は決まって「いいですね、私も欲しいです。」と言われます。
*水琴窟(すいきんくつ)・・・日本庭園の装飾の一つで、手水鉢の近くの地中に作りだした 空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛け。(ウィキペデアより)

三昧琴(ざんまいきん)

三昧琴(ざんまいきん)。チタンを鍛造した皿状の鐘で、とても優しい音色をしています。石川県の鍛冶師・燭台作家の河上知明氏が造られていて、大きさや厚さの差によって二つと同じ音がないというものです。

三昧琴(ざんまいきん)1988年にバリ島で出会ったシャーマンから、「お前さんはいずれ鉄の丸い打楽器を創る。」といわれたそうですが、それが後に三昧琴(ざんまいきん)として誕生しました。

いくつもの響きが重なり合う様子は、とても神秘的だったり、とても優しかったり・・・。聴くものの心をとらえて離しません。


枚数に決まりはなく、大きさもいろいろあって、50個以上並べて演奏する方もいます。河上さんのアトリエ三昧亭に連絡して、重ねが美しいものを選んで送ってもらいました。波紋音(はもん)もそうですが、外の自然音(水・風・虫の声など)を背景に叩くと心が和みます。

shop info店舗情報

トーナリティ

〒693-0082
島根県出雲市中野美保2-2-1
TEL.090-7504-8443
営業時間 月ー土10時〜18時
*18時以降のご希望は相談で対応

トーナリティのセッションルーム

トーナリティの入り口

トーナリティのステンドガラスのランプ